FC2ブログ

営業時間 20:00~翌1:00

イメージ:グラミーのブログ

弾き語りチャレンジ☆



20200919.jpg


ひきつづきNEWレパートリーのご紹介です☆


愛聴しすぎてケースが傷だらけのCDたち💦💦
2000年代以降にデビューした2大シンガー、アリシア・キーズとアデル。
歌うスタイルが違うふたりですが、
歌声もメロディーも大好きで、とってもあこがれています✨✨

そして、彼女たちの歌が引き立つのはピアノ。
アリシアはピアノを弾きながら歌うし、
アデルの楽曲はピアノが印象的なアレンジが多いです🎹


・・・ということでっ!
新たにピアノ弾き語りナンバー3曲がレパートリーに追加になりました✨✨
尊敬の念をこめて、、そして自分にチャレンジな3曲です!!


オリジナル音源はコチラ↓↓


『If I Ain't Got You / イフ・アイ・エイント・ガット・ユー(2003)』アリシア・キーズ





『Empire State Of Mind(Pt.Ⅱ)Broken Down /
エンパイヤ・ステイト・オブ・マインド(Pt.Ⅱ)ブロークン・ダウン(2009)』アリシア・キーズ






『Set Fire To The Rain / セット・ファイヤー・トゥー・ザ・レイン(2011)』アデル





2000年以降といっても、1曲目は遡ると17年前の楽曲でもある💦💦
そんなに時間が経ってる感じがしないんですが。。。まだアリシアの歌声も若いです!

2曲目は海外ドラマ『SEX AND THE CITY』の映画版の主題歌にもなったナンバーで、
“ooh, New York!!!”と歌っているだけに、映画の舞台ニューヨークがテーマの曲になっています✨

3曲目のアデルのナンバーは、前から本当によくリクエストをいただいてて(この曲好きな方が多い!)
ピアノ弾き語りという形ですがようやくレパートリーに仲間入りしました\(^o^)/


ハイ。どれもこれも難曲です。大変だった~(泣)
でも、こういう曲にチャレンジできるということが幸せです。
皆様に楽しんでもらえたら嬉しいです!(≧▽≦)ノ🎶

チャレンジはまだまだ続く☆
今後もどうぞお楽しみに~


Jumi



80's好きなんです!!!



20200911.jpg



久しぶりにNew&復活レパートリーの紹介です☆
あ、ちなみに本ブログでは内容別にカテゴリ分けしているのですが(PCビューだと見れます)
このカテゴリを長らくアップしてなかったことに気づき💦💦

“ブログでご紹介!Grammy's Live Repertory”のカテゴリもありますが
そちらでは既にリクエストメニューに掲載している今までのレパートリーの紹介を中心に
アーティスト別に曲にまつわるエピソードを長々と書いております!
(全曲書くまで終わらない・・・果てしない・・・気長にお付き合いください~)

この“new&復活☆レパートリー”では、出来立てホヤホヤの新曲をご紹介しています✨
(・・・と言いながら2017年で更新止まってた💦曲増えてるのに・・・いかんいかん)
今後はちゃんとこちらも更新していきますm(__)m


ということで!笑
気を取り直して新曲2曲ご紹介です🎶


『Maneater / マンイーター(1982)』/ダリル・ホール&ジョン・オーツ






『Part Time Lover/パートタイム・ラヴァー(1985)』/スティービー・ワンダー





以前からリクエストの多かったホール&オーツ。その中でも大好きな1曲✩
ゲストNightの時に違うナンバーを1曲だけ演奏していましたが、
このたびめでたく通常メニューにも仲間入りしました✨✨初チャレンジ曲です!

そして、スティービーの楽曲のなかでもやはりリクエストが多かったこの曲✩
当時小学生の私も大好きなナンバーで、スティービーといえば“心の愛”とこの曲イメージが強かったもんでした。
こちらは復活レパートリーで、ボーカルをジュンマスターから受け継ぎ、私(ジュミ)が歌っています🎤
リニューアルバージョンでお届けいたします!!!(≧▽≦)ノ


やっぱり今80'sが熱いんですよね、、、自分の中で。
バブリーな時代のキラキラ感あふれるサウンド
大人で過ごしてたらまた全然感覚が違うと思いますが、
お子ちゃまだった自分が、ぎりぎりリアルタイムで聴けてた歌をライブで歌える嬉しさ・・・かな。

しかしなんとも共通項の多い2曲ですねー(聴いたらわかる!)
流れで仕上がった感が否めませんが笑
懐かしのナンバーをグラミーバージョンで🎶
皆さまに楽しんでもらえたら嬉しいです✨✨

以後お見知りおきを(≧▽≦)ノ



MUSIC BAR GRAMMY




new repertory♪



20170914.jpg


週末せっかくの3連休は台風が来るみたいですね🌀💦
皆様いかがお過ごしでしょうか🍀

秋に聴きたい♪おすすめナンバーが
リクエストメニューに追加されました😊🎶
以前から演奏していて、メニューに載っていなかったあの曲も掲載しています!
(私のただの書き忘れ~💦笑)

newレパートリーはコチラ!


『Rainy Days And Mondays/雨の日と月曜日は(1971)』 / カーペンターズ



リクエストの中でも、世代を問わず大人気のカーペンターズ🎶
新たに『雨の日と月曜日は』がメニューに加わりました🍀
カーペンターズを代表する楽曲のひとつで、ビルボード・ホット100の第2位を記録。
この曲はカーペンターズ第4のゴールド・シングルとなったが、1位獲得を阻んだのはキャロル・キングの「イッツ・トゥー・レイト」だった・・・そうです!(ウィキペディアより)
名曲揃いだったこの時代からもう40年以上経ってますが、いつまでも色褪せない一曲ですね🎹✨
グラミーでカーペンターズといえば、クリスママの歌声!
ジュンマスターのドラムとファミリーのハーモニー🎶必聴です🎶



『I Say A Little Prayer / 小さな願い(1968)』 / アレサ・フランクリン



作曲バート・バカラック、作詞ハル・デヴィッドのコンビによるポピュラーソング😊
最初に歌ったのはディオンヌ・ワーウィックで、多くのバカラック作品を歌っていました🎤
沢山のシンガーがこの曲をカバーしていますが、
アレサ・フランクリンのカバーは、当時のR&Bシングル・チャート3位のヒットを記録!
後半になるにつれてバックコーラスとの盛り上がりが迫力あるアレサヴァージョンのほうが
耳に焼き付いています。。。
グラミーではコーラス隊はいないので💦笑
私Jumiがボーカル、そしてジュンマスターのドラムで盛り上げます(≧▽≦)ノ♪


まだまだご紹介する曲があるので、第2弾をお楽しみに(o‘∀‘o)*:◦♪
ご来店の際にはぜひリクエストしてみてくださいね!

今夜もアヤシイお天気ですが💦
木、金、土曜と皆様のご来店を心よりお待ちしております!!


Jumi



new repertory♪



20170614.jpg


皆様こんにちは(≧▽≦)ノ

毎日お好きな曲のリクエストを頂き、演奏しているグラミー🎹🎤
主に60's~80'sナンバーを中心に、少しでも皆様のご要望にもお応えするべく
また、私達のオススメする曲、隠れた名曲!なども増やしていっております✨✨

聴いたことなかった曲でも、グラミーで聴いて気に入ってくださったりとか
どこかで流れていたのを聴いてグラミーのことを思い出したから、聴きに来たよ~などなど
そんなお声を聞くと本当に本当に嬉しくて(´▽`*)

もっともっとそんな曲が増えるよう、がんばるぞーっ☆
そんな訳で!
先週ステージで初披露したnew repertoryがありますので、ご紹介致します🎶


『Nothing's Gonna Stop Us Now(愛はとまらない)』 / Starship (1987 )



当時、『マネキン』という映画の主題歌になり、大ヒットした80年代を代表する1曲☆
私は小学生でしたが、好きでよく聴いていました🎶それを歌うことになるとは(*^^*)
なんと、『カリフォルニアの青い空』のアルバート・ハモンド(シンガーソングライター)の作品だったとは!
このPVも、映画のワンシーンになっていて懐かしいですね✨✨
イントロが流れると、懐かしい~!のリアクションがあがって嬉しい1曲😊
意外にも今まで演奏していなかったナンバーです。。。
ジュンマスターとジュミのデュエットでお届け致します🎤✨



『Even The Nights Are Better(さよならロンリー・ラブ)』 / Air Supply (1982)



オーストラリア出身のバンド、エア・サプライのナンバー☆
グラミーの店内では絶えず懐かしの洋楽がBGMで流れていますが、
ある日この曲が流れてきて・・・当時クリスティーナママが歌っていたこともあり、懐かしい!となり。
同じ時期にAORブームで『ニューヨーク・シティー・セレナーデ』などとヒットしていたようです🍀
エア・サプライの他の代表曲は何度も聴いたことありましたが、
爽やか~でキャッチーなメロディーと、3人でハモっているのが目に浮かんだこの曲に決定(*^^*)
ママやマスターには懐かしの1曲、そしてファミリーのハーモニーが堪能できる1曲です🎶
ママがメインボーカルとなっています🎤✨


どちらも80's感が満載の2曲😊😊
ご来店の際にはぜひリクエストしてみてくださいね!
皆様のお気に入りの1曲となりますように🍀

ではでは、今夜もご来店を心よりお待ちしております(≧▽≦)ノ♪



Jumi




6月ですねっ!リクエスト追加です✨



20170602.jpg


6月スタートしましたが、快晴続きで気持ち良いですね☀
来たる梅雨に備えて・・・というよりも、夏かかってこい!!て感じです🌻
皆様いかがお過ごしでしょうか(≧▽≦)ノ🎶

6月はグラミーにとってアニバーサリーマンスでもありますし、
クリスママのバースデーもあり🎂✨お祝いごとが続々月間です😊
楽しい6月に出来たらいいなと思っております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今月もどうぞ宜しくお願い致しますっ!!

そして、以前から演奏していてメニューに追加されてなかった曲をご紹介🎶
ご来店の際には、ぜひリクエストしてみてくださいね(o‘∀‘o)*:◦♪


『Blowin' In The Wind(風に吹かれて)』 / Bob Dylan(1963)




『This Mauquerade(マスカレード)』 / Carpenters(1973)




『Hello』 / Adele(2015)




相変わらず振り幅の大きいラインナップとなっておりますが(笑)
これもグラミーならではということでっ☆
皆様のお気に入りの一曲になれば幸いです('◇')ゞ

ではでは、今月も元気に歌って行きますよーっ🎤🎹✨
皆様のご来店を心よりお待ちしております!!



Jumi




2号機のお蔭で復活!レパートリー♪



20160926.jpg


ついに!!帰って来ましたーっ!!!
泣く泣くお別れしてから4年・・・
新しく仲間になった子と仲良くしつつも、心のどこかで探してた。この子の存在を。
ジュンマスターのこの子への想いは、途絶えることなく・・・
ついに先日、アメリカのフロリダに在ることをインターネットで探し当て、購入✨✨
遠路はるばる、4年ぶりにグラミーに帰ってきました✨
Technics KN1000!!!
テクニクスちゃん、お帰り~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


中洲会館時代、毎ステージのメンバー紹介に使われてたデモソングはもちろん、
このキーボードにしか出せなかったリズムパターンが復活♪
ということは、、、
しばらく演奏出来なかったアノ曲、コノ曲も復活っっ!!しました!!ヽ(≧∀≦)ノワーイ♪♪

メンバー紹介のデモソングは、忘れた頃に懐かしいお客様から問い合わせがあったり💦
長年通ってくださっている方にはすり込まれているメロディーで、とても喜ばれています(笑)
シンセの音源の音が少々古くても、4年使ってないから扱いを思い出すのに苦労しても、
我々にとっては欠かせない楽器のひとつなのです(o‘∀‘o)*:◦

え~、そんなにぃ??っていう方には、コチラの記事を参考までに・・・
テクニクス初号機が終了した当時の悲しみが綴ってあります(笑)
『こんなにも愛着が・・・』2012年11月7日ブログ

これからは、テクニクス2号機FromU.S.Aちゃんと共にステージを盛り上げていきますので
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!(((o(*゚▽゚*)o)))


ということでっ!
最近復活したレパートリーは、コチラ✨✨
通常のファミリーステージでしか聴けないので、ぜひリクエストしてくださいね(o‘∀‘o)*:◦♪


『Part Time Lover』 / Stevie Wonder(1985)
言わずもがなの80年代を代表するスティービー・ワンダーのナンバー♪
ずっとずっとリクエストがあって、演奏出来なかったのですが・・・この度めでたく復活しました!(≧▽≦)ノワーイ
グラミーでも人気曲で、演奏するたびに盛り上がります♪




『Talking In Your Sleep』 / The Romantics(1983)
80年代ならではの“一発屋”ソング??ロマンティックスのナンバー♪
当時のディスコの雰囲気がひしひしと伝わってきて、ニヤニヤしてしまいそうな曲です笑
ミュージックビデオも、80年代らしい!他のライブハウスでもなかなかやってないと思われるレア曲!




『Don't Be Cruel(冷たくしないで)』 / Elvis Presley(1956)
80'sから打って変わって、エルヴィス・プレスリーの名曲✨✨
ツイストを踊りたくなるようなリズムで、ジュンマスターがエルヴィスに寄せて歌いあげます!笑




『Sealed With A Kiss(涙のくちづけ)』 / The Lettermen(1965)
60年代の珠玉のコーラスグループ、レターメンのヒットナンバー✨✨
夏が終わって、秋になっていく今の時期にぴったりなこの曲♪
グラミーでは、親子のハーモニーで奏でます(o‘∀‘o)*:◦♪




長くなりましたが💦
このようなナンバーを聴ける&リクエスト出来るのも通常ステージならではですよ~!
今週もイベント共々、皆様のご来店を心よりお待ちしておりまーす(≧▽≦)ノ✨✨


Jumi



nnnnew repertory!!!



大荒れのお天気、と思いきや今日の晴天☀
こんな気候だと体調も崩しやすいかもしれませんね💦
皆様いかがお過ごしでしょうか!

今回のブログも、新たなレパートリーのご紹介です(≧▽≦)ノ♪
ぜひぜひ聴きにいらしてくださいね~~♪


『Somewhere Over The Rainbow(虹の彼方へ)』
/ Israel “IZ” Kamakawiwo'ole(1990)

オズの魔法使いの曲で有名なこのナンバー♪
たくさんのミュージシャンがカバーしてますが、
ハワイ出身のシンガー“イズ”のバージョンで新レパートリーに加わりました(≧▽≦)ノ
ウクレレの音色(当店では鍵盤ですが)がハワイの情景を思い浮かばせます。。。
“イズ”というシンガーは、若くして亡くなったのですがハワイでは伝説的な人気があるとのこと!
この巨体から美しい歌声で世界の人を魅了しています✨
シンプルな“イズ”バージョンで、ジュンマスターが歌いあげます🎤




『All I Ask』 / Adele(2015)
昨年リリースされたアルバム『25』からの新譜です!!
アデル・・・ここ近年で一番好きなシンガーです✨
ドロドロの恋愛の歌を歌ったらピカイチ、いや、それだけじゃなくこの歌声の存在感がすごくて。
きっと人生がそのまま乗っかってるんでしょうね。それに人は惹きこまれる✨
この曲は制作にブルーノ・マーズが関わっていて、今年のグラミー賞でアデルがパフォーマンスした話題の曲です。
メロディック&ドラマティックなナンバーになっています!
皆さんの心に届きますように✨ 私(ジュミ)がピアノ弾き語りでお届けします!




どうぞご来店の際にはぜひ!
リクエストしてみてくださいね~(((o(*゚▽゚*)o)))
皆様のご来店を心よりお待ちしております!



Jumi



※今月のゲストNightはメンバーの都合によりお休みとなりました。
何卒ご了承くださいませm(__)m
次回の開催をお楽しみに!!





ギター復活&new レパートリー✩



20160617.jpg
↑ギター弾いてるマスター✨


こんにちは!あっという間に週末金曜日!
今週もグラミーにご来店頂きありがとうございます(≧▽≦)ノ♪

ジュンマスターのエレキギターをやっとこさメンテナンスに出し、
ついでにアコースティックギターも復活✨✨
ということで、通常ステージのレパートリーにもギターが復活しております!!

楽曲によってベース、鍵盤、ドラムに加えギターにも持ち替えて演奏するジュンマスター。。。
一人何役なんだっ!💦笑
(注:本職はドラマーです)
これだけの楽器を弾きながら歌えるジュンマスターはとてつもなく器用で羨ましいですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

そのお蔭で復活した懐かしいナンバーをご紹介します(≧▽≦)ノ♪
皆さん、ご来店の際にはぜひリクエストしてくださいね!!


『名前のない馬』 / America(1971)
ギターのイントロから始まり、シンプルなメロディーに重なるコーラスがきれいな70年代の名曲。
グラミーでは親子ならではのハーモニーを堪能してください(´▽`*)





『悲しき鉄道員』 / Shocking Blue(1971)
ショッキングブルーと言えば、ヴィーナス!ですが、この曲も隠れた名曲です!
とあるお客様のリクエストにより、復活しました(≧▽≦)ノ
私自身も久しぶりに歌うので、とても懐かしいです♪





『Free As A Bird』 / The Beatles(1995)
ジョン・レノンの未発表曲をポール、ジョージ、リンゴが手を加えて完成させた曲で、
1970年の“Let It Be”以来25年ぶりの新曲✨
グラミーでも復活となりました\(^o^)/





『I'm Not In Love』 / 10cc(1975)
これもまた70年代を代表する名曲✨リクエストの多かった1曲です!
素敵なVoiceシンセの音を見つけたので、原曲っぽい雰囲気で演奏してますよ~(≧▽≦)ノ
大好きな1曲です♪





他にもまだまだ!ありますので次回ご紹介します!
グラミーのステージを楽しみにいらしてくださいね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



Jumi


◆今月のゲストNightはメンバーの都合によりお休みとなりました。
何卒ご了承くださいませ。次回の開催をお楽しみに!!





こんな曲も演奏してます!



ここ最近のNewレパートリーをご紹介☆★☆


20150907_02.jpg

さて、このシーンは何の映画のシーンでしょうか???
80年代に大ヒットした、『TOP GUN』ですねー!!!(´▽`*)
若くてピチピチした(笑)トム・クルーズが、愛する教官に歌を捧げる名シーン。
その時に歌われたのが、この曲。
『You've Lost That Loving Feeling(ふられた気持ち)』(1965)
アンチェインド・メロディーで有名な、ライチャス・ブラザーズの楽曲です!
この曲も、このシーンで使われてリバイバル・ヒットしました♪




ライチャス・ブラザーズというだけあって、もちろん兄弟ですが
グラミーではジュンマスターとジュミ親子デュエットで歌っております!


続いて。。。
懐かしい!!!70’sディスコナンバー!!!



『I Will Survive(恋のサバイバル)』(1978)
この1曲で、グロリア・ゲイナーはディスコ・クイーンとなり一世を風靡します。
当時のディスコではガンガン流れてたナンバー(≧▽≦)
この曲をどうしても聴きたい!というある方のリクエストにより、復活したレパートリーです♪
どんな歌かというと、、、『あんたなんかフン!私は生き抜いてやるのよぉぉぉぉおお!』という歌です(笑)
女性は逞しいですねー\(^o^)/
ボーカルは私ジュミが歌っています!恨み節大好き!笑


そして、、、
世界中が癒された、大好きなこの曲🍀



『Heal The World』(1991)
言わずもがな、マイケル・ジャクソンの大ヒットナンバー(≧▽≦)♪
グラミーでは私の妹・エリちゃんが帰省した際に歌っていますが、
リクエスト多数によりジュミversionでレパートリーに追加されました♪
皆さん、癒されたいんですね・・・(ノД`)・゜・。
いつ何回聴いても、マイケルの想いが綴られているのが伝わってジーンとしてしまう、大好きな一曲です。。。
先程とは一転して、“癒し”を目指して私ジュミがピアノ弾き語りをしています(笑)


これからもどんどん増えますので、お楽しみに~!
ぜひリクエストしにいらして下さい(≧▽≦)ノ♪
皆様のご来店を心よりお待ちしております!!



Jumi





久々の復活レパートリー✩



20150605.jpg


カウンターに飾ってあるこのパンフ・・・
前日アクロス福岡で行われた、『ストラディヴァリウス サミット・コンサート2015』のもの✩
演奏者の弦楽器が全て“ストラディヴァリウス”という、まさに世界最高のコンサート・・・
まるで自分が観に行ったかのように飾り&語ってますが、
バッチリお客様からお借りしてるパンフです(笑)

それはもう、素晴らしい音色だったようです♪
なんと、次回は私も連れていってもらえることに!来年が待ち遠しいです(≧▽≦)



さて6月といえば、梅雨。。。どんよりお天気な週末ですが
久々に復活したレパートリーは、一足先に夏の雰囲気が味わえますよ♪
1988年に大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画『カクテル』の主題歌でもあります♪


“Kokomo” / The Beach Boys(1988)





ちょっと早いけど('◇')ゞ夏はあっというまに終わっちゃうので!
冬でもリクエストがあればもちろん歌いますよ!笑
そういえば映画はちゃんと見てないなー、近いうちにおさらいしようっと( ̄▽ ̄)
映画とともに、時代を彩る懐かしい一曲じゃないかな♪

皆様ぜひ聴きにいらしてくださいね~(≧▽≦)ノ



Jumi



プロフィール

music bar GRAMMY

Author:music bar GRAMMY
福岡は西中洲にあるミュージックバー グラミー。
美味しいお酒とともに1960年代~80年代の洋楽を中心に生演奏のステージが楽しめるお店です。

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Powered By FC2ブログ

このページの上へ