fc2ブログ

営業時間 19:00~24:00

イメージ:グラミーのブログ

LEGENDS



20230118.jpg


ここ数年、いわゆる“MUSIC LEGEND”なる方々の
訃報が届くことが多くなってきているような気がします、、

そのような年代になってきているんだろうとは思うのですが
やっぱりそんなお知らせをみると、
悲しくなったり、寂しい気持ちになります。
特に大好きな思い入れのあるミュージシャンだったりすると
その人の“音楽”という、残してくれたものが本当に大きいですよね。


グラミーのお客様の世代的にも多大なる影響を与えたであろう、
二人のミュージシャンが旅立ちました。

世界3大ギタリストの一人、Jeff Beck(ジェフ・ベック)。

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)の“Superstition(迷信)”
この曲はもともと、スティービーのアルバム『Talking Book(1972)』の
セッションに参加したジェフ・ベックへ
お礼のために書いた曲だった・・・というのをだいぶ後で知りました。

追悼の意をこめて、スティービーと一緒に演奏しているライブ映像と、
ジェフ・ベックversionの“Superstition(迷信)”を。
ちなみにこの音源の
ギターの歪みといい、キメのブレイクも
ジュンマスターが70年代にフィリピンバンドをやっていた頃の
Superstitionの演奏に限りなく近い音だったので、さらにグッときます・・・。









20210118_02.jpg



そして、もうひとり。
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のメンバーであり、
ドラマー、音楽プロデューサー... etc.
多岐に渡る活動をされていた高橋幸宏さん。

日曜日の朝、SNSで流れて来るニュースとともに
高橋幸宏さんを偲ぶたくさんの演奏動画やエピソードを目にして、
目が釘づけになった動画がありました。
とってもおもしろくて、とってもかっこいい3人の姿でした。









本当は2013年の“No Nukes”というライブで、サポートメンバーを入れずに3人だけで
『RYDEEN』を演奏しているのがめちゃめちゃかっこよくて、
その映像を探していたのですが見つからず、、、
とにかく3人だけで演奏しているのが見たくて、見つけたのがこちらでした。
“どてら”着てるのが笑いそうになってしまうのに、
これが大人の余裕というか、ギャップがすごすぎて。
楽器を弾き出したらいっぺんにYMOの世界。そして演奏がかっこよすぎる・・・。
この『RYDEEN』は高橋幸宏さんが作ったYMOの代表曲のひとつ。
リアルタイムではないので語れるほどのエピソードはないけど、
この曲だけは強烈に覚えていたなぁ。
(小学校の時に体育の授業でこの曲をテープで延々と流し
体育館の中を何周も走らされた記憶・・・そんなファンキーな担任の先生のおかげ)

テクノというジャンルの中で、電子音に囲まれながら
“ジャストな生のビート”を刻む幸宏さんのドラミング。
この3人の音が、世界に誇るJAPANESE TECHNO SOUND。すごいなぁ。


LEGENDと言われる方達について、
私が書けることはほんの砂粒ぐらいですが💦
いまあらためて聴きなおしている方も多いのでは。
当時を思い出したり、新たな発見もあったり。
これが“音楽のおもしろい旅”なのかも。



Jumi




プロフィール

music bar GRAMMY

Author:music bar GRAMMY
福岡は西中洲にあるミュージックバー グラミー。
美味しいお酒とともに1960年代~80年代の洋楽を中心に生演奏のステージが楽しめるお店です。

QRコード

QRコード

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

Powered By FC2ブログ

このページの上へ